グループ | 歴史 - 伊予グループ

伊予グループ会社

歴史

伊予グループの歴史

伊予グループの歴史の中で、私たちは世界中に不可欠な製品とサービスを提供するという使命に従いました。この使命を果たすにあたり、私たちは国、人、 ビジネス、テクノロジー、アイデアを組み合わせて新しい価値を創造します。 伊予グループの「挑戦とイノベーション」の歴史は、世界経済が拡大し変化する中で、社会とのパートナーシップによる成長の話です。


伊藤博文

歴史伊予グループは、1878年に大分県の領土で活動していた日本の地方銀行が伊予ン創業時に設立され、日本政府に参加した。 伊藤博文。


総合商社

伊予グループは、総合商社としての地位を確立し、衣料品、食料品、住宅などの需要を満たすために商品の輸入を開始しました。リン酸塩の輸入とシイタケの輸出 伊予は、木材、缶詰食品、海産物、油脂、医薬品、ガラスなどの取引活動を拡大し、製品。


ガスプロジェクト

当グループは、米国ペンシルバニア州で現在が開発中のガスプロジェクトに持分を保有している。 伊予は、安定したエネルギー供給のための取り組みに加え、ビジネスエンジニアリング能力を活用して炭化水素鎖を拡大しています。


ペルーのプロジェクト

ペルーにおけるリン鉱石開発プロジェクトが進行中。主要な肥料生産者であるモザイク社と共同で、伊予グループはペルーのリン鉱石開発プロジェクトに参加しています の子会社伊予グループは、ペルーでのこのようなプロジェクトに参加する初めての日本企業です。


アブダビLNGプロジェクト

伊予グループは、アラブ首長国連邦のアブダビLNGプロジェクトの事業会社にDasオフショアガス田を開発する権益を取得しました。 4カ国の企業がプロジェクトに参加した。 プロジェクトで生産されたLNGはすべて日本に供給されています。 (この写真は1970年代に撮影されたものです。)

©2018 伊予グループ会社