グループ | ガバナンス - 伊予グループ

伊予グループ会社

ガバナンス

コーポレートガバナンスと内部統制

社会から信頼される企業であることを目指し、コーポレート・ガバナンスの充実とグローバルなグループ単位での内部統制の整備・改善に努めています。

内部統制に関する徹底したコンプライアンスの確保は特に重要な課題であると認識しています。

伊予グループ

コーポレートガバナンスレポート

伊予グループは、イオグループのコーポレートガバナンスの状況を説明するコーポレートガバナンスレポートを東京証券取引所などの証券取引所に提出しました。

コンプライアンスとリスク管理

私たちの健全な評判は、私たちのビジネスの基盤です。そのように、私たちは、コンプライアンスを通じて、その評判を維持し、顧客からさらに信頼を得ることができると認識しています。

そのために、私たちは、高い倫理基準を遵守することの重要性を経営陣およびスタッフ全員に認識させ、ベストプラクティスを向上させるグローバルなコンプライアンス体制の構築に努めています。

インシデント

伊予グループは、2015年11月、Iyoグループの子会社Incorporated(日本)が製造したディーゼルパティキュレートフィルタの誤ったデータが作成され、当局に提出されたことを発見しました。 伊予グループが販売しています。これらのフィルタの購入は、東京都をはじめとする都道府県、市町村、政府省庁、関連産業 協会。 伊予は約21,500台を販売した。
発見後、伊予は償還と引き換えに伊予の購入に支払った金額の払い戻しを含む包括的対応措置を実施した。 かなりの努力の結果、2016年10月現在で償還が完了しました。また、伊予は上記の当局および関連団体に対し、 それらによって。 伊予は、伊予グループの経営陣と従業員が、その事件の教訓を思い出し、その事件の再発防止策を継続的に講じることを約束した。

従業員および役員に対するビジネス行動指針

伊予グループは、「従業員・役員に対する企業行動指針」を制定し、

©2018 伊予グループ会社